ご予約はこちら

子どもの矯正|れあ歯科クリニック 矯正歯科 小児歯科

お問い合わせ

診療案内

子どもの矯正

タイミング勝負!適正な時期に適正なアプローチ

こどもの顎は毎日少しずつ成長し変化します。
あの時にこうしてあげとけば良かった…とならないように
早めに矯正専門医の診察を受けてください。
「既成品のマウスピースだけで治る」「床矯正だけで治る」なんて、
よっぽど運が良くなければあり得ません。
また、矯正治療のスタートは早ければ良いという訳ではなく、
適正な時期に適正なアプローチを行うことが重要です。
こども達の未来の為に、一人一人に合ったアプローチをして、
永久歯が生えやすい土台作りをしてあげましょう。

年齢別の治療方法

乳歯列期
0~6歳前後
一般的に悪い癖、習慣の改善、反対咬合の改善を行います。指を吸う癖、爪を噛む癖などが一般的ですが、この時期に舌の癖の改善に一番力を入れます。こども達にとって苦にならない、マウスピースタイプの装置を用いて、正しい嚥下や舌の位置の訓練(筋機能訓練:MFT)などを行います。
混合歯列期
6歳前後~12歳前後
乳歯から永久歯へ大きく変化するこの時期が一番大切な時期です。
歯を支える顎の成長も大きく変化するので、歯の萌出や顎の位置関係など変化に応じた治療を行う必要があります。
永久歯列期
12歳前後以降
全ての歯が永久歯に生えそろい、成長が安定してから行います。
歯を最適な位置に動かします。マルチブラケット装置やインビザライン、舌側矯正などを行う治療です。

代表的な矯正装置のご紹介

  • リンガルアーチ

    装置を奥歯に固定させて、歯列の拡大や前歯の移動や歯の牽引などに用いる装置です。歯の裏側に沿わせるので目立ちにくく、違和感が少ない装置です。

  • 拡大床装置

    歯列の幅を緩やかに広げる取り外し式の装置です。装置の中心に拡大ネジが埋め込まれており、ネジを回すことで広げることが可能です。

  • クワドヘリックス

    奥歯に固定するタイプの歯列の幅を広げる装置です。

  • 咬合拳上板(バイトプレート)

    過蓋咬合(咬みあわせが深い症例)に用いる取り外し式の床装置です。装着することで咬みあわせが高くなり、前歯の被さりが改善されます。

  • 咬合斜面板
    (スライディングプレート)

    咬みあわせが深く、下顎の位置を前方に誘導したいときに用いる取り外し式の装置です。装置の前方が坂のようになっているのが特徴です。

  • バイオネーター

    成長期のお子様の筋肉の動きを利用して、顎の成長を促す装置です。上顎前突(出っ歯)、過蓋咬合(咬みあわせが深い)、下顎前突(受け口)の治療に使用します。

  • タングクリブ

    舌を前に出す癖を治す時に用いる装置です。取り外し式のタイプと固定式のタイプがあります。

  • マルチブラケット装置

    ブラケットに金属製のワイヤーをはめることにより、個々の歯を3次元的にコントロールして、キレイな歯並びとかみ合わせを作っていきます。ワイヤーは細いサイズの丸いものからだんだんと太いサイズへ、また、角のワイヤーへと変わって行きます。

  • 保定装置(リテーナー)

    動かした歯をその位置で安定させるための取り外し式の装置です。保定装置は矯正治療で動かした後に必ず用いる装置です。

  • カリエール

    臼歯を後ろ方向に移動させるための装置です。出っ歯の傾向のある患者様の治療に用いる、上顎の犬歯と大臼歯に装着する固定装置です。

  • 機能的矯正装置
    (T4K、プレオルソ、EF line)

    マウスピースタイプの口腔筋機能訓練装置です。成長期のお子様のお口を取り巻く筋肉を整え、悪い癖を改善し発育を整えます。主にご家庭で使用してもらいます。

矯正治療の流れ

  • お問い合わせする

    TEL.058-327-3555※完全予約制となっております。

    【月~金】9:30~17:30
    【土曜日】9:30~17:30
    【日・祝】9:00~13:00

  • カウンセリング

    患者様の歯のお悩みや気になる事などご要望をお伺い致します。
    その他矯正治療について詳しくお話させていただきます。

  • 精密検査・分析

    治療計画を立てるために必要な資料をとります。
    パノラマエックス線写真、頭部X線規格写真(セファログラム)、口腔内写真、分析模型の型どり、
    身長計測、顎運動検査、歯科用CTによる三次元分析など

  • 診断

    分析結果を元に、治療計画、装置の概要、注意事項等についてご説明させていただきます。
    患者様に十分にご理解いただけてから治療を開始致します。

  • 治療開始する

    装置の型どりや準備処置、装置の装着などを行います。
    「ゴールは一つ、きれいな歯並びで幸せになる!」一緒に力を合わせて頑張りましょう。

  • 動的治療終了後、保定治療の開始

    歯を動かす治療の終了後に保定治療(歯の位置を安定させる装置)に移行します。
    保定の期間は個人差があります。